おわりに   



                                        新しい人

 

                 聖戦の名のもとに

           あたかも農民が畑を耕すように

           ただパンの見返りに

         砲弾を自分にむける

         身も心も撃ち砕き

         自分の血を垂れながす

         暮れのこる夕日が

         青い夜の帳りにかわる

         「ひとつ」の時に抱かれたのは

         いつか

         思い出そうともせず

         きょうもたたかう

         農民が畑を耕すように

 

         ああ

         わたしはあなた

         すべてひとつの愛の粒子

         これが本当のわたしの姿

         これが本当のあなたの姿

 

         もう戦いは終わった

         吐くほどの虚しさを知ったから

         本当の自分からあまりに

         離れすぎたのを知ったから

         「すべて必要」な時が過ぎるなかで

 

         日が暮れようとしている

         血にまみれた服を脱ぎ捨て

         シャワーを浴びる

         そして「ひとつ」の時のなかに

         溶け去る

         青い夜の帳りがおりるまで

 

         そして

         新しい人となる


                               

                                                                                                        

 





                                                                                     おしまい